> > 喫茶 胸花(とうか)

都会の喧騒を忘れさせてくれる自然派カフェ

喫茶 陶花(とうか)

福岡市内から離れた篠栗町の小高い山の中にありながら、平日でも客足が途絶えない人気カフェ。

オーナー・村山健吾さんがこの場所に惚れ込み、創意工夫の末に店舗を建てた。白を基調とした潔くシンプルな空間、そして温かい接客に、子どもから年配の方まで幅広い層のファンがいる。こうして色んな世代がくつろげるカフェとは稀ではなかろうか。ここから眺める夕陽は美しく、正面の窓を横切るように沈んでいた太陽は、日々、軌道を変えて夏の間は屋根の上を通る。大自然に囲まれたこの場所は、街の中にいると忘れてしまう、そうした大切なことに気付かせてくれる。

うきは市にある『リバーワイルド』の豚肉を使った『豚バラ肉のとんかつ自家製デミグラス』(1300円)。厚めにスライスした豚肉がとてもジューシー

『チキンとトマトソースの黒ゴマ風煮込み』(1100円)は、国産鶏モモ肉と自家製トマトソースが絶妙にマッチ!アフターにウインナーコーヒー(600円)を!

喫茶 陶花(とうか)

  • 糟屋郡篠栗町金出3280
  • 092-948-0213
  • 営業時間:11:00~ OS18:00(お茶・デザート~OS18:30)
    休日:月曜
  • 席:21席
    駐車場:あり
    カード:不可
    喫煙:不可

※【2016年4月27日】時点の情報です。