> > BASKING COFFEE(バスキングコーヒー)

良質の生豆を最高の状態に焙煎するオーナー

BASKING COFFEE(バスキングコーヒー)

スタイリッシュな千早のマンションの一角にあるスペシャリティコーヒーの次世代を担う店。

店主・榎原圭太さんは20代前半頃、バンドでの音楽活動を経て世界各国を巡る放浪の旅に出る。約40カ国を巡った後に“音楽以外に自分が作り出せるモノが何か”を探して焙煎の道を歩むことを決意。中央区清川にある名店『ハニー珈琲』の門をたたき、バリスタとしてのキャリアを積みあげ、中南米のコーヒー生産国の農園や欧州のコーヒーカルチャーの視察を行ない、2014年7月に独立開業した。良質の生豆を最高の状態に焙煎する腕前は、お店で一杯飲んでから確かめて欲しい。

マンションのショールームを改装。焙煎は別室で行なっている。水色のガラス窓が目印。家庭用のほか、飲食店での卸販売の相談にも気軽に応じてくれる

スペシャリティコーヒー専門店でありながら、イスやテーブルもあり、ちょっとしたカフェづかいもできる。ラテ(ホット、アイス380円)、本日のコーヒー200円

BASKING COFFEE(バスキングコーヒー)

  • 福岡市東区千早4-10-1 リングローブ1階 中央ホール
  • 092-682-5515
  • 営業時間:10:00~19:00
    休日:木曜
  • 席:9席
    駐車場:なし
    カード:不可
    喫煙:不可
    http://www.baskingcoffee.com/

※【2016年4月27日】時点の情報です。