> > PAIN CA QUE

キャラパン~ハード系までやさしいパンたち

PAIN CA QUE(パンサク)

福岡から飯塚へ向かう県道607号福岡篠栗線沿い、かわいい雑貨屋さんのような青い屋根の建物の中に足を踏み入れると、小さな空間にハード系から惣菜系まで約50種類ほど並ぶパンがひしめき合っている。

それらはオーナー・福永さんご夫妻の笑顔のように、人懐こくてホッとするやさしい味わいのパンばかり。福岡市内からでも毎日通いたくなるラインナップだ。中でも、くま・カエル・ヒツジなどのキャラ系パンは、とにかく凄い人気ぶり。子どもはもちろん、大人の女性客にも支持され、週末は午前中でほぼ完売するほど。平日でも午後2時ぐらいまで残っていればラッキー!

ふんわか生地に自家製チョコクリームがたっぷり。耳の部分がホワイトチョコになった『くまパン』(150円)。新作の『リスパン』(150円)は、キャラメルクリームが入った大人な味

いつ何時訪れても、福永夫妻の笑顔が幸せな気分にしてくれる『パンサク』。ハード系もかなりおすすめで、バゲット(200円)はそのまま食べて香りと食感を楽しみたい

PAIN CA QUE(パンサク)

  • 糟屋郡篠栗町尾仲695-5
  • 092-984-1450
  • 営業時間:8:00~18:00※売切れ次第閉店
    休日:月曜、日祝日
  • 駐車場:あり
    カード:不可

※【2016年1月29日】時点の情報です。